会社情報

会社情報 COMPANY INFORMATION

都市基盤の構築と環境の保護・育成に力を尽くしますBUILD URBAN INFRASTRUCTURE AND PROTECT AND NURTURE THE ENVIRONMENT

当社は、昭和58年2月の博多港港湾整備事業施行とともに漁業転業者や関係組合によって設立されました。その後、シーサイドももちをはじめとする博多湾岸での大規模ウォーターフロントの開発工事に参加させていただき、福岡市発展の礎づくりに力を尽くして参りました。さらに、須崎・博多・中央・箱崎の各埠頭や香椎パークポートなど港湾都市福岡を支える物流拠点の工事にも加わり、福岡を中心とする社会基盤の整備にも努力してきたところです。 現在では最新鋭の国際コンテナターミナルや人と自然が共生する豊かな住環境の整備を目指して博多湾に建設中のアイランドシティの工事にたずさわっており、21世紀の九州・福岡を支える物流・ビジネス・生活の拠点の構築に邁進しているところでございます。 このようなウォーターフロント開発工事に加え、慢性的な福岡市の水不足解消のため建設された日本最大の海水淡水化施設や那珂川を浚渫し氾濫を防止するための工事など、皆様の身近な部分とも深く関わりを持つ工事にも参加し、微力ながら福岡市民150万人の生活を支えて参りました。 このような私どもの工事はビルを建てたり橋を架けたりという決して目立つ工事ではございませんが、都市をつくり、物流・生活・ビジネスの基盤を整備するという極めて重要な事業であることを確信いたしております。環境という言葉を社名に冠する当社では、設立以来環境問題への対応に重きを置いて参りました。 その設立時からの思いを受け継ぎ、海の自然環境や海洋資源がいかに貴重なものであるかは深く認識しております。海の大切さが分かればこそ、工事においては海洋汚染を引き起こさないこと、このことを強く誓い、全社員日々作業にあたっております。また、海洋汚染の防止という取り組みに加え、積極的に環境をきれいにする活動にも当社では注力しております。 博多湾をはじめ各地でアオサと呼ばれる藻類が大量発生し、水底生物への死滅や腐敗して悪臭を放つことが問題となっておりますが、このアオサを極めて効率的に回収する作業船“かんきょう8号”を独自に開発、多い時には数千トン規模のアオサの回収を行っております。 さらに、1年間ほぼ休みなく続く博多湾での流木やゴミなどの回収作業をはじめ、株式会社マリゾンと共同で福岡市の指定管理者として福岡市海浜公園(地行浜・シーサイドももち・マリナタウン)という広域のエリアにおいてその維持管理業務にあたるなど、博多湾の環境を守り育てる業務にも力を尽くしております。このように、都市の基盤構築と環境の保護・育成という当社業務の社会的使命の高さを自覚しつつ、今後もより豊かな街づくり、生活づくりに貢献すべく、なお一層の努力を重ねて参る所存でございます。 何卒、これからも格別のご協力とご指導、ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。



企業理念CORPORATE PHILOSOPHY

経営理念

1「信頼と技術の向上」を信条に、新技術の獲得に注力する。

2「地球の未来は人の未来」の精神下、環境と調和の取れた施工を行う。

3顧客のニーズに応えた施工とサービスを提供する。


品質方針

1全員が協働し、顧客満足の向上を図る。

2安全を踏まえ、技術の向上を目指し、顧客のニーズに応えた施工とサービスを提供する。

3品質マネジメントシステムを構築し、継続的に改善を行い、製品の不具合の発生を撲滅する。

4品質マネジメントシステムの実行と改善に必要な職場環境と資源の見直しを定期的に行い、充実を図る。


環境方針

未来へ向けて、地球環境に対するリスクの継続的改善及び汚染の予防をおこない、人と自然との調和と、人類社会の進歩発展に貢献する。

当社は、港湾及び一般土木・施設管理・清掃業務・海浜及び水域清掃の全ての事業活動とこれらの製品及びサービスの環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指す。

1継続的改善・汚染の予防の実施

私達の事業活動において、何が環境に悪影響を与えているかを分析し、リスクの大きいものから継続的に改善する。また、汚染の予防を効果的に実施する。


2環境保全レベルの向上

環境に関する法規制・条例・協定及びその他の重要事項を遵守することにより、環境保全レベルの向上に努める。


3省資源・省エネルギーの推進

重機・車両等の排ガス削減及びリサイクル資材等の有効利用により省資源化を進める。ビルメンテナンス業務を通じてお客様の省エネルギーに貢献する。


4騒音の低減

騒音の発生する作業において騒音を低減し、地球環境の保全に努める。


5地域の自然環境との調和

博多湾の自然に恵まれた素晴らしい環境のもとで施工活動を行っていることを十分に認識し、現場のイメージアップを推進する。
また、海浜清掃・水域清掃の業務を通じて地域環境の美化に努める。


6環境啓蒙活動の展開

ひとりひとりが環境活動を積極的に実践できるように環境教育の充実を図り、この環境方針を全社員に周知するとともに社外へも公表する。


安全衛生方針

当社は事業活動のあらゆる面において安全・衛生を第一に配慮し、事業活動の実施においては災害・健康障害は起こさせないという決意に立って、「安全第一」「ゼロ災害」を目指して行動しております。

1リスクアセスメントの推進

事業活動を計画し、実施するときは、危険有害要因を特定し、除去に務めます。


2法規・基準の遵守

労働安全衛生法、関連法令、当社が同意する防災団体等の安全衛生基準、当社の安全衛生に関する取り決めを遵守します。


3仕組みの確立

安全衛生活動を確実にするため、この安全衛生方針に従い、安全衛生目標を定め、実施計画を作成し、実行し、結果を評価し、一定期間単位に見直す仕組みを確立し、維持します。。安全衛生活動は、施工管理の仕組みと一体として運用します。


4継続的改善

この方針及び安全衛生活動の仕組みは定期的に見直し、改善を行い、当社の安全衛生品質を維持向上することでゼロ災害を達成します。


5関係者との協力

安全第一、ゼロ災害を目指す安全衛生活動は、全社員及び関係請負業者の協力のもとに実施します。


6積極的な参加

この安全衛生活動方針は、全社員、関係請負業者に通知する。安全衛生に関する教育訓練を実施し、安全衛生の能力向上を図り、各人が自発的に安全衛生活動に寄与できるようにしております。


会社概要CORPORATE OUTLINE

社名 博多湾環境整備株式会社
設立 昭和58年2月2日
所在地 福岡市博多区沖浜町12番1号 博多港センタービル3F
資本金 29,400,000円
主要取引銀行
福岡銀行 博多支店
西日本シティ銀行 天神支店
従業員数 60名
関係会社
有限会社テスコム福岡
平喜建設株式会社
株式会社マリゾン
業務内容

港湾土木に関する事業

土木・しゅんせつ・造園工事業

海の清掃に関する事業

建築物の清掃、保安、警備その他の維持管理

廃船処理に関する事業

そのほか、上記に関する事業

主要受注先

国土交通省九州地方整備局

福岡県

福岡市

県内各市町村

(財)福岡コンベンションセンター

博多港開発株式会社

博多港ふ頭株式会社